Renosy(リノシー)のリスク

Renocy(リノシー)のリスクとは?6つの懸念を払しょくする仕組みとは?

Renocy(リノシー)は不動産投資なわけですから、投資に100%はありません。
であれば、どういう点に気を付けなければならないか、事前に何を知っておくべきなのか?

そのへんを今回は解説していきたいと思います。

僕も不動産投資初心者だから頼むよ



▼ ▼ 結論!数字で比較したらどう見てもRenocy(リノシー)が一番利用価値あり ▼ ▼



Renocy(リノシー)のリスクとは?

まず不動産投資のリスクとして、「あるある」の話からしていきたいと思います。

不動産投資というのは、だいたいが、銀行からローンを借りて、そのお金で不動産投資をして
月々のローン支払いよりも、不動産からの賃貸収入の方が上回る、というのが理想なイメージ。
さらに、20年くらいでローンを支払い終えて、その後は年金の代わりにもなる、というのが最高の理想。

また、住宅ローンは本人が亡くなると、ローンがチャラになりますので
家族への生命保険みたいなものだ、ということで人気があります。

しかし、そうやって「保険の代わりになるんです!」「節税にもなるんです」「老後は安心です!」とゴリゴリで推してくる営業マンいますが
そんなに簡単に何もかもうまく行ったらみんなやっています。
実際は、不動産投資で大失敗している人も多いのが実情であります。

特に大きいのが、「不動産からの賃貸収入」が思ったより少ないという点。他並べると以下のようになります。

・中間の手数料がけっこう細かいのまで引かれていて大きい
・空き室が思ったより出る
・退去してから次の人が入るまでもたもたしていてい1ヶ月以上かかる
・家賃や物件価格が下がる
・震災による物件への損傷
・金利が上昇する

このへんが主なところでしょうか。
中間の手数料がけっこう細かいの引かれているんですよね。

気になる人は以下の表を参考にしてください。

社名集金代行手数料原状回復費用原状回復期間設備保証賃貸振込手数料空室保証家賃滞納時の保証家賃保証手数料売却時仲介手数料
RENOSY1080円0円7営業日
(1年間)
0円購入後1年間
100%
100%保証5%1%
ランドネット
(CHINTAI)
3000円オーナー負担10営業日×オーナー負担購入後5年間
80%
100%保証20%3%+6万円
賃料の5%オーナー負担1~2週間
(2年間)
0円1年間95%100%保証2年:10%
35年30%
3%+6万円
3500円オーナー負担2週間
95%保証
(期間不明)
0円購入後2年間
95%
100%保証5%3%+6万円
5000円オーナー負担
(特約に入ると少額)
不明特項特約に含む不明購入後20年
90%
(特約付帯可能)
手数料6000円
退去代行9000円
(特約付帯可能)
10%3%+6万円
賃料の3.5%基本0円
(集金代行積み立てから特項。
不足場合はオーナー負担)
2週間×0円??100%保証10%3%+6万円
賃料の3.5%0円2週間~1ヶ月オーナー負担90%100%保証10%3%+6万円
中間の手数料は業界で一番安いのね。時々ぼったくりのところがあるわよね…

表をみて分かるように、Renocyはリスクにたいして最大限の出来ることをやっているのが分かります。
特に原状回復は自社で素早くやっていて感心するところであります。

その上でRenocyのリスクを言うならば、それは未来が分からないので、事例も今から出すのは難しいのですが
やはり「事故物件になってしまった」とか「何かしら不可抗力の災害」「何かしら不可抗力の法律改正」など
未来に予期せぬ出来事があって、不動産の価格が大きく下がる、ということはあり得ます。

これに関しては、どのくらいの確率で起こるのか?というのは
20年30年経たないと分かりませんし、なかなかそういった数字を見つけることは難しかったです。

首都直下型大地震が来たらヤバイのかなあ。でも最近震度7でも死者や倒壊が少なく済んでいるところが多いよね。でもさすがに首都はキツイかなあ



▼ ▼ 結論!数字で比較したらどう見てもRenocy(リノシー)が一番利用価値あり ▼ ▼



リスクチェックポイント

このように、リノシーは最大限リスクに対する手を打っていますが
それでも、不動産投資に絶対はないのは、未来のことは誰にも分からないから、というところです。

明日東京で大地震があるのか100年後なのか、誰にも分かりません。

2019年6月7日、そんなリノシーは、なんとさらにリスクに関して潰しにきたのか、
「災害リスクマップ」なるものを搭載することを発表しました。びっくりです。

すごいね!だって、自身が所有している物件が売れなくなるリスクもあるのによく搭載したよねー。逆に信用できるわー

未来が分からないということで、Renocyのリスクをさらに小さくするためのチェックポイントとしては

・災害リスクがどのくらいの地域か確認する
・治安がいいか確認する
・大島てる等で、事故物件が多い地域じゃないか確認する

というところでしょう。
やはり怖いのは「事故物件化」「災害に合う」というところでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?
未来に絶対はないので、リスク0というわけにはいきませんが、
Renocyでは、最初にデメリットもしっかり説明してくれます。

また最近では災害リスクマップまでつけてくれて、しっかり顧客にリスクを説明している姿勢に好感が持てます。

資料請求等は以下より出来ますので是非不動産投資を始めるきっかけとしていただければと思います。



▼ ▼ 結論!数字で比較したらどう見てもRenocy(リノシー)が一番利用価値あり ▼ ▼



⇒Renocyの全体像をもっと分かりやすく知りたければこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.