Renosy(リノシー)で得られる結果

Renocy(リノシー)で得られる結果とは?楽観と悲観を想定してみた

リノシーで得られる結果について。

ここはあくまで投資なので、そこらへんの怪しい営業マンのように甘い言葉を並べるのではなく
楽観も悲観もしっかりとお伝えしていきたいと思います。

基本的に投資というのは、「どうなるか分からない未来」に覚悟をもってお金を授けることですので
どっちに転ぼうが自己責任でやるのは言うまでもありません。

「より優位性のある未来」へ投資するためには、現段階で「質の良い情報」を自分が持っておくことがなにより大事です。

それについてシェアしていきましょう。



▼ ▼ 結論!数字で比較したらどう見てもRenocy(リノシー)が一番利用価値あり ▼ ▼



Renocy(リノシー)で得られる結果とは?

それではリノシーで得られる結果について、楽観的にも悲観的にも伝えていきたいと思います。

Renocy(リノシー)サービスの会社であるGAtecnologiesは、2013年発足のかなり新しい会社で、6年しかたっていないので
「20年経ってこれだけの結果が出てますよ!」と証明することは不可能であります。

20年以上やっている会社の蓋を開けてみれば、うまく行ったものがわずかにあり、うまく行ってないものもあり
ちゃんとした数字も出てない。だから統計的にうまく行っている方が多いのか、うまく行っていない方が多いのか
よく分からないというのが正直なところであります。

しかも20年以上不動産投資している会社も時代の流れで戦略を変えていて、戦略に一貫性がないので、なんとも言えないというのが正直なところですよね。

その点、Renocy(リノシー)は、不動産投資歴が長い人がしっかりとした「戦略」をもってやっているのがわかります。
つまり「都心の人口増予想の地域で、規制があるワンルーム中古マンション」を狙うという理屈的に供給と需要のバランスが崩れ、需要があり続けると予想出来る明確な理由があるところに投資してくものとなります。

そこにAIを導入して、様々な数字が出た上で判断出きるものとなっています。

そういう意味で「なんか良さそうだから」といった素人や、経験だけ長くて理論的思考が出来ないベテランが選ぶ、いい加減な物件ではなく
「数字によって示された」明確に選ぶ理由があるところに対しての数字、という点で
投資する価値があるものと言えるでしょう。

私は災害マップを取り入れてくれたことでかなり信頼度が増した。普通は自社に不利な情報提供となるからやらないでしょ。だって普通にRenocy(リノシー)の物件のところが赤いってところあったもん
そうなんだよね。Renocy(リノシー)なら、自分が納得いくまで考え抜ける「情報」が揃っているんだよね。他社は営業トークでなんとなく納得、という形なんだけど、やはり明確な数字とか、納得できる具体的な事実があって投資したい。
そこに予期せぬ出来事で失敗したら、あきらめがつくし

よくある質問・東京五輪後に暴落って聞くけど

2020年問題とか、2022年問題とか言われますが、
東京五輪後の暴落と、生産緑地の指定解除をめぐる「2022年問題」での不動産価格の暴落が
一部の専門家から指摘されて心配している人もいるでしょう。

東京五輪は、元々都心の不動産価格が上がっているのは海外投資家が東京五輪を見越して
買いあさり値を上げて、五輪後に売り抜いてもうけるだけのためのものだ、なんて話があります。
実際、高級マンションを中国の金持ちが持っている名義である、ということがテレビで特集されたこともありました。

ただ、過去の五輪開催と、不動産価格の相関を見ると以下のような資料もあります。

過去4大会を調査した機関によると大暴落とかないですね。
もちろんだから東京も絶対とは言いませんが、専門家が指摘するほど誇張してとらえる必要はないことが分かります。

また、生産緑地の指定解除をめぐる「2022年問題」ですが、これも1Rマンションに限ってはちょっと外れた話になりますので
ファミリー層のマンションへの影響はあっても1R中古マンションはまた違うと言えます。

へえ~私も五輪後に不動産価格暴落って洗脳されてた。本屋でそういうの見たことあるんだけど、まあ売れるために書く本でもあるからねえ



▼ ▼ 結論!数字で比較したらどう見てもRenocy(リノシー)が一番利用価値あり ▼ ▼



⇒Renocyの全体像をもっと分かりやすく知りたければこちら

不動産投資で失敗する事例を知っておこう

不動産投資には確かに絶対はありません。
そういう意味で、情報量が圧倒的で効率性がいいRenocy(リノシー)を選択するのは
非常にいいことだということであります。

さらに、今までの不動産投資で失敗したことがある人の「あるある」を知っておくことで
それを避けることができます。

実は「成功事例は様々」で1つではないので、「絶対これ」と示すことは難しいのですが
失敗事例に関しては「共通事項」が多いので、絶対これは知っておいて法がいいです。
そして、それを避ける行動をしていきましょう。

それでは「不動産投資の失敗あるある」一覧を紹介します。

失敗あるある1、高利回りに目がくらんで空き室だらけ

もちろん投資するなら0.1%でも高い利回りの方が嬉しいものであります。
なので、一番利益率がいいものを選ぶ素人初心者が多いものですが
ベテランならば言わずもがなですね。

罠みたいなものです。
長期的に継続的に利益が出続けるものに関しては多角的に数字を見なければなりません。

まあ、これはどの投資でもいえるね。月利10%越え!とかいうサギ的な広告もよく見るけど、冷静になって考えようよ、って感じ

失敗あるある2、新築にこだわる

これは元々Renocyが避けていることでもありますが、もはや新築よりも中古の方が価格が下がりにくいのは
少しでも不動産投資をやろうとした人なら常識中の常識であります。

新築の方がいいに決まっている!という何らかの固定概念がある人は注意。

見た目は確かにいいんですけどね…マンション展示会とかに行くとテンションあがるし…

失敗あるある3、営業マンの言われるがまま…

知識がない状態で営業マンの巧みなセールストークに言われるまま買うとだいたい「営業マンだけが得する物件」をつかまされますので注意。

正直営業マンなんか、「不動産投資」の知識よりも「セールス」の知識の方が高いですからね。
どうやって説明すれば成約が良いか?どういう表現が良いか?どういう数字を示せば買われるか?それを勉強していて
どの不動産が価値があるか?というのの勉強をおろそかにしています。

実は私も数年だけ売っていたことがありますが、投資商品において、ある法則に気づきました。

それは「自分だったら絶対にこれがいい!」と思うものは、投資初心者には全く魅力的に映らない、ということです。
「自分だったら絶対にこれ選ばない!」というものに限ってよく売れる、という現象をよく目にしました。

つまりそういうものなのです。「堅実」で「派手じゃないけど長期で利益が出る」というベテランに魅力的なものは
初心者にとっては「なんでそんな地味なもの?」って感じなのです。

そうだよねー、よくわかる。僕も見た目最高の女の子とつきあって散々金使って振り回されていいことなかったけど、見た目地味だけど誠実性が高い子と付き合ったら、全然ちがった。長期で自分の仕事のキャリアも上がってよかったよ。
投資を恋愛に例えるんじゃなーーーい!!

失敗あるある4、賃貸管理を自分でやろうとする

経費節減、少しでも利益を残すために自分で賃貸管理できるところを選んだ結果…。

そう素人が賃貸管理できるほど甘くないんです…。一人でやったらすべてのトラブルに対応しなくてはならなく
トラブルなんてよく起こることなんですよ。

不労所得のために不動産投資やっているのに、いつのまにかなかなかキツイ労働投資になっちゃってる、みたいな感じになりますよ。
特にクレーム対応とか精神的苦痛でしかありません。

やはり仲介会社でやってくれるところにそのへんは一括お願いすべきなんですね。

不動産投資はあくまで不労所得!!

日本で不動産投資をやるメリット

私も不動産投資について詳しく勉強する前は
「日本は人口減だから不動産投資するなら海外でしょ」
と思っている口でした。

しかし、調べていくとやはり経済大国である日本の魅力は高く、また建築技術も世界一なので
都心部では世界から人が集まってきて、人口増することが分かり、規制によって1Rマンションは需要が高まる可能性が
非常に高いことが分かりました。

海外投資をしようとすると、怪しい会社への投資になり、海外の言葉でのやり取りとなり
送金手数料やらなんやらで、よほど信頼できる会社を見つけないとうまくいきませんし
土地勘もありません。

ですので、日本で不動産投資をやった方が、土地勘もあり安心感が高いというのが実情です。

海外で「ここがオススメ」と言われても、その営業マン信じていいか、その情報の信ぴょう性が分かりませんからねえ

まとめ

いかがでしょうか?

確かに不動産投資は長期投資なので、絶対成功するとかこうすれば確実といったことはありません。
将来、事故物件になる可能性や、災害に合う可能性、金利が変わる可能性、法律が不利に働く可能性など
ネガティブに考えるとありますが、
ポジティブに見れば、「継続収入」が手に入るということです。

他人の資産で、自分の老後の不労所得を作り、かつ生命保険代わりになります。
一番美味しいのは、もし死亡したら家族に無借金でその継続収入を引き継げるというところではないでしょうか。
その点はすごくいいですよね。

生命保険殺人事件にならないようにだけ気を付けよっと



▼ ▼ 結論!数字で比較したらどう見てもRenocy(リノシー)が一番利用価値あり ▼ ▼



⇒Renocyの全体像をもっと分かりやすく知りたければこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.