Renocy(リノシー)の特徴

Renosy(リノシー)の特徴・他の賃貸会社との5つの違う点とは?

Renosy(リノシー)の特徴についてシェアしていきます。

不動産投資をするなら、なぜ他の会社ではなく、圧倒的にRenocyがいいと考えるのか?

それには明確な理由が5つありますのでシェアします。



▼ ▼ 結論!数字で比較したらどう見てもRenocy(リノシー)が一番利用価値あり ▼ ▼



Renocy(リノシー)の特徴

Renocy(リノシー)の特徴、つまり差別化戦略とでもいいましょうか?

なぜ他の業者よりもRenocy(リノシー)を推すのかを明確にしていきたいと思います!

それでは5つの特徴をお伝えします。

立地が絞られている

Renocyはほとんどが「都心のワンルーム中古マンション」を対象としていると別ページでお伝えしていますように
きちんとした「こうすれば利益が出る」という戦略をもってやっています。
説明したように、東京都心に限っては人口増の予想が確実であり、1Rマンションの新築規制がある事情で23区にはあり
需要が高まるのに、供給は下がるという流れなので、比較的成功率が高い投資となるということです。

ところが他の業者はどうでしょうか?

いわゆる「なんでも屋」がほとんどです。
明確な戦略を持たずに、先の時代を読まずに、昔の経験だけを頼りに「これ行けるだろう」「これいいだろう」と
勘が8割でやってのけるところがほとんどです。

写真のクオリティにこだわっている

最近多くのところが360度見ることが出来るのをHP内に入れているのはお気づきかと思いますが、
未だに写真が鮮明じゃないところは多いですよね。

特に、行ってみたら実際と写真が大違い!なんてことはすくなくありません。

Renocyは写真のクオリティにこだわることで、より実際に近いものを実感してもらうようにしています。

現状回復に7日だけ!

他社ですと短くても2週間かかります。
これが何を意味するか?
それは回転率がいいということです。
不動産投資している側からすると、やはり空き部屋があるとその分の賃貸料が少なくなるのがデメリットなわけです。

その空き部屋の期間が少しでも短くなる可能性がこれなわけです。

社名集金代行手数料原状回復費用原状回復期間設備保証賃貸振込手数料空室保証家賃滞納時の保証家賃保証手数料売却時仲介手数料
RENOSY1080円0円7営業日
(1年間)
0円購入後1年間
100%
100%保証5%1%
ランドネット
(CHINTAI)
3000円オーナー負担10営業日×オーナー負担購入後5年間
80%
100%保証20%3%+6万円
賃料の5%オーナー負担1~2週間
(2年間)
0円1年間95%100%保証2年:10%
35年30%
3%+6万円
3500円オーナー負担2週間
95%保証
(期間不明)
0円購入後2年間
95%
100%保証5%3%+6万円
5000円オーナー負担
(特約に入ると少額)
不明特項特約に含む不明購入後20年
90%
(特約付帯可能)
手数料6000円
退去代行9000円
(特約付帯可能)
10%3%+6万円
賃料の3.5%基本0円
(集金代行積み立てから特項。
不足場合はオーナー負担)
2週間×0円??100%保証10%3%+6万円
賃料の3.5%0円2週間~1ヶ月オーナー負担90%100%保証10%3%+6万円

解約率や平均更新率・入居率等、細かい数字が提示される

また不動産対象を選ぶことにおいても細かい数字が示されます。具体的には以下のように、
解約率や平均更新率・入居率等、数字分析が得意な人にとっては、ベストな選択が出来るデータが揃っています。

いいね~これぞ令和の不動産探しだね
[ad#co-1]

解約2か月前予告をする!

不動産投資のリスクとしては、家賃滞納がひとつあります。

それの抑制策のひとつとして「2か月前予告」をします。
もともと空室保証とかあるのですが、さらにならずものが住み続けないための仕組みがあるということです。

まし変な人であってもオーナーのあなたが対応することはありません。

管理手数料1080円

管理手数料1000円は安すぎませんか?

上記の表をみれば分かりますが、相当他社よりも安くなっています。

これこそAIのなせる業で、余計な経費を削っているから出来る仕組みです。
いまだに紙を使い、FAXを使い、現場は足で~、とか言っているところはどれだけお金がかかることでしょうか。

購入後のサポートもアプリで可能

普通の不動産業者は購入したら「ありがとうございました!」と儲かってハイ!終わり、という感じですが
Renocyは、そこも仕組み化していますのでアプリによって、入居率や、解約状況、更新状況などすぐわかる状態になっています。

購入して終わりでどうなっているか分からない他社と比べて非常に親切ですよね。まあロボットがやってくれていますが
ないよりあった方が全然いいわけです。

その他にも、
・設備保証制度
・空き室保証
・売買仲介手数料1%
・優良金融機関との提携
・賃料送金手数料が無料
・低価格リノベーション
・業務委託手数料が無料!!
・賃貸仲介手数料無料!
・住まい購入時の仲介手数料が2.5%

と、AI化したことにより、最も「効率的」で最も「安価」を実現しています。

ちなみに2019年6月7日の報道ではさらにさらに、災害リスクマップまで付けてくださるとのことです。

すげーー、そりゃ3年で上場して、どんどん大きくなるわけだ

まとめ

いかがでしょうか?
表をみれば分かるように、ほとんどの点において他社より優位性があるのがRenocyとなっております。
人がいろいろ話してくれるけど、人件費かかりすぎて払うお金も多いところよりは
こういった効率化をとことん追求して無駄を省いて、分かりやすいデータが表示されているのが良いでしょう。

まずは資料請求して是非活用ください。



▼ ▼ 結論!数字で比較したらどう見てもRenocy(リノシー)が一番利用価値あり ▼ ▼



⇒Renocyの全体像をもっと分かりやすく知りたければこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.