Renosy(リノシー)の仕組み

Renosy(リノシー)の不動産投資の仕組みと概要とは?

Renosy(リノシー)の不動産投資の仕組みと概要について分かりやすくまとめていきます!

私も、実際Renosy(リノシー)の中の人のセミナーを受けてお話をしてきました。
中の人は、もちろんすべてリノシー物件をもっているかと言われれば、さすがに全部を持っているわけではありませんが
分散投資のひとつとして確実に持っていました。

投資に「確実性」を求めるのはご法度で確実な未来というものはどこにも存在しませんが、
仕組みとリスクと可能性を理解しておけば、より未来が具体化され、実行できます。

それでは見ていきましょう!

Renosy(リノシー)かなり勉強したけど、理屈的にはうなづける仕組みだよー。どうなるかねー



▼ ▼ 結論!数字で比較したらどう見てもRenocy(リノシー)が一番利用価値あり ▼ ▼



Renosy(リノシー)の不動産投資の仕組み

Renosy(リノシー)の不動産投資の仕組みは非常に納得いくものとなっていました。

ポイントを絞ってお伝えしますが、実は私はこういったRenosy(リノシー)の話を聞く前はこう思っていました。

「人口減する日本で不動産投資しても意味なくない?今は暗号通貨やろ~!(といいつつ暗号通貨で含み損大(笑))」

私のように思っていた人は少なくないのでは?
しかし、Renosy(リノシー)立ち上げた人はけっこうよく市場のことを分かっていて、将来性が望めるからこそやっていたのですね。

Renosy(リノシー)はある分野に絞っての不動産投資をしています。そのある分野というのが…

「東京都心の1R中古マンションの不動産投資」

???最初聞いたときはなんでやねん、しか浮かばなかった

そう、私も最初は「??」でしたが、説明を聞いて納得。

私はこの資料を見せられて、Renosy(リノシー)がやろうとしていることが分かりました。以下の3つのポイントです。

、東京都心は今後人口が増える予想となっている!

都心の大学の増加などで、かなり一人暮らししたい大学生や留学生が増えています。

日本は人口減って単純にとらえてたけど、全体ではそうだけど、場所によるって差があると言われたらそうだよね。
東京は世界の主要都市に変わりはない。世界の経済トップ5に入る国なんだから

日本は人口減、と思い込んでいましたが、確かに全体として見た場合人口減の流れは止められない状態ですが、
都市に人口が集中して、また留学生・外国人雇用者受け入れの流れから都心部の人口は増えることが国の予想でも明らかになっています。

Renosy(リノシー)はそこにまず目を付けたんですね。

それではなぜ1Rマンションなのでしょうか?

2、1Rマンション新たに建てることに規制がかかっている

実は都心の多くの区において、1Rマンションを新たに建設することに規制がかかっています。

例えば新宿区の条例を見てみましょう。以下の条件が規制がかかっています。

規制対象
3階建て以上で30㎡未満の住⼾が10⼾以上の集合住宅
最低面積:25m²
・ファミリータイプ住戸設置条件
30㎡未満の住⼾が30⼾以上の場合
●第1種低層地域は「(30㎡未満住⼾−29⼾)×2分の1」以上を 40㎡以上の住⼾に
40㎡以上の住戸に
●その他の地域は「(30㎡未満住⼾−29⼾)×3分の1」以上を 40㎡以上の住⼾に

東京23区全部同じ感じの条例があるんだ!なんでそんな条例できたの?
住民税払わない学生がたくさん住んでもらっても、税制上区がお得には全然ならんからだよ。ちゃんと年収が高いファミリー層に住んでもらわないと意味ないからさっ
そ、そんな金持ち優遇思考でかー。でも逆にそれを利用してやろうってのがRenocyなんだね
そうそう、Renocyの戦略は理にかなってるよ

つまり、今後1Rは増えないので以下のことが言えます。

「需要は増えるのに、供給は横ばいになる」

なので、1Rマンションは都心においては埋まりやすい状況が進むといえるのです。
それではなぜ中古マンションなのでしょうか?

3、中古マンションの値段が下がりにくいのは常識

これは、不動産投資を少しでも勉強したことがある人なら常識なんですが、
ある建築年数を過ぎたら、マンション価格は下がりにくくなります。
むしろ新築の方がある2年目からだだ下がりで損をしやすいというものです。

ですので、不動産投資のプロの多くは、中古マンションを狙うのが常識なんですよ。
以下のような資料はよく見るのではないでしょうか?

新築はほっとけばどんどんどん20%くらい価値が落ちていって、中古は築20年を過ぎると横ばいになるから、投資家は中古を狙うんだね
そうそう、新築はバブル導入期とかだよね。
それに買えるのは大金持ちだけだし

このように3つの強烈な要素があるため、
Renocy(リノシー)は「都心部の1R中古マンション」を狙っているのです。

ああ、論破された感じ。ちゃんとわかってやっているから、リノシーの業績もあんなに年々倍々伸びているんだね。

AIを業界初で取り入れた

GA technologiesは、名前の通りAIを不動産業界において初めて用いることによって
人件費と探す時間を大幅にカットしたものであります。

ですので、会社自体、エンジニアの方が、営業社員より多くなっている非常に珍しいものであります。

創業者は、不動産業者の無駄の多さに非常に疑問を抱いていたようで、昔からある業界なのに
手作業みたいに営業社員個人の選定で、非合理的なことをやり続けているところがまだまだ多いのが現実です。

動画説明もありますので是非ご覧ください。

すごいね、不動産業界のamazonを目指すとか。
確かに合理化志向としてはトップクラスだから今後あり得るよね。
うん、GA technologieの株買ってもいけるんじゃないかっていう、それな

まとめ

いかがでしょうか?

しっかりと経営戦略をもった上で、AIの導入による最効率化の追求により
未来明かるいGA technologieであります。

購入後のサポートもしていますので、「不動産投資をやってみたい」という方でしたら、
確実にナンバー1にお勧めできる企業かと思います。



▼ ▼ 結論!数字で比較したらどう見てもRenocy(リノシー)が一番利用価値あり ▼ ▼



⇒Renocyの全体像をもっと分かりやすく知りたければこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.