出典:オリジナル 本社ラウンジより

Renosy(リノシー)という新興企業の不動産投資会社のセミナーで本社にお伺いして根ほり葉ほり聞いてきた私・リノコミが
Renosy(リノシー)不動産の評判と口コミを悪い評価も含めてシェアしていきます。

この内容を知ると、古い大手がいいなんて言う言葉がどれほどかっこ悪いかが分かります。
今、これだけネットとAIが発展した時代において、大手は古いインフラを動かすことが出来ないので
非常に遅れて、余計な仲介料と情報マッチの技術の不足で、質の悪い不動産投資を紹介しがちです。

そのへんも含め、リノシーのメリット・デメリットを知り、その上であなたにリノシーが向くのかどうなのか?ということも
お伝えしていきます。

他の大手とどう違うのか、詳細に聞いてきたよ!

>>今、Renosy(リノシー)の資料請求して面談するとAmazonギフト券5000円プレゼント!

リノシー不動産評判と口コミ

まずは、余計な説明の前に、利用した多くの人はどうリノシーを評価しているのか見ていきましょう!

リノシーについてはやはりCMで知った人が多いかと思います。

また、Renosy(リノシー)は比較的新しい会社です。会社設立が2013年、毎年倍倍で売り上げを伸ばし、去年7月に上場。

古い不動産がインフラ改革出来ないなか、AI時代に目をつけて0からインフラを整えて、非常に効率的・魅力的なプラットフォームを作り、
まさに不動産仲介の革命と言える、無駄のない仕組みを作り上げました。

まだ口コミは少ないのですが、ツイッターでもチラチラと見つけることができます。

ついにリノシー当選しました\(^o^)/
ブログで近々当選時の内容についてまとめます!
ほとんど当たらないのかと思ってました

リノシーは落選しましたが、本日のオーナーズブックには申し込めました、とはいえ相変わらずの争奪戦。月一回出金無料とか、申し込み後の入金制とか、間に合わなかった人にも優しいシステムを検討してほしいなぁ。

GAテクのリノシー、アプリ使ってみればわかるけど、TATERUみたいにカモられるやつじゃなくてユーザーがカモを見つけるためのツールだからな 相場より安い不動産を顧客に買わせるためのアプリ  ただしリフォーム費用の価格はしらね(´・ω・`)

アプリは、3.9点。まだまだ評価数が少ないです。
他のライバル会社は2.8点(TATERU)でしたね。

これは、オーナー専用のアプリです。まだ走らせ始めて長いわけではないですが、ユーザーのコメントに真摯に答えて改善を続けているのが分かります。

改善をちゃんとしてくれるアプリは、最初問題点が多くてもちゃんと修正されるのでよくなる印象です。

私も動画配信サービスなど初期から見守ってきたアプリがありますが、やはり「修正してくれるかしてくれないか」「改善スピード」で大きな差となって1年後2年後に現れるのを実感しています。

そういう意味ではRenosy(リノシー)はきちんと対応してくれているので、どんどんアプリがよくなっていく印象です。

ってか、アフターサービスで状況をちゃんと知らせてくれるシステムある不動産投資ってRenosyくらいじゃないの?


出典:オリジナル 本社ラウンジより

>>今、Renosy(リノシー)の資料請求して面談するとAmazonギフト券5000円プレゼント!

Renosy(リノシー)不動産と他業者との比較表

Renosy(リノシー)不動産仲介会社は、最新テクノロジーを駆使していますので
効率性・低コストに関しては業界No1であることは以下の表でまとめてみましたが、一目瞭然であります。


そうだね、コストや手間という点ではNo1.あとは、そのGAテクノロジーのAIの精度がどれほどのものかってことだよね。

AIが信頼できるならここいいね。


出典:オリジナル 本社ラウンジより

>>今、Renosy(リノシー)の資料請求して面談するとAmazonギフト券5000円プレゼント!

リノシー不動産の画期的な仕組み

まず概要・特徴をお伝えしますと、以下の3ポイントが他社と比較しても圧倒的なポイントとなります。

・AI価格査定サービス(MER3.3%)を搭載
・リアルタイムな売却活動の可視化により、透明性の高い不動産取引を実現
・会員登録不要、フォーム入力から査定価格の算出まで45秒のスピード査定

Renosy(リノシー)の仕組みを映像で時間をかけて知りたい場合は、以下の動画を観てみてください。
BS12のテレビ番組で紹介されたものであります。

以下、かなり端折りますが、簡単に理解すると以下のようになります。(詳しくは資料請求にてご確認ください)

・平均利回り5%
・都内の中古1Rを中心とした投資案件
⇒理由1:中古の値段は下がりにくい(ある建築年数から。これは不動産投資では常識)
⇒理由2:都内の人口は留学生を含め増加の予想が国からも出ている
⇒理由3:都内の1Rは条例によって「規制」されているため、新築が立てにくい
これらのよって、「中古1Rの需要は今後伸びる」「新築帰省によって供給は減る」ので需要過多となるため

なるほど~そこに目をつけて社長は会社起こしてここまですごい売り上げ増を達成したんだね。業界を知り尽くしてこその戦略

・社員は、営業よりもエンジニアの方が多い
・今の技術を駆使して無駄を徹底排除しているため、余計なコストが業界最低基準
・年収500万以上の、融資がちゃんと通ような会社に勤めている人が対象
・購入後のサポート、アプリを見ればどういう状況か分かる安心のシステムを配備

もちろんどの案件でも100%成功、というわけではありませんが、
極めて「合理的」なビジネスであることがわかります。

大手は、古いインフラを元に手を広げ過ぎたので、極めて非合理的な作業が多々発生していて、それを改善するのにもお金がかかるため
非常に非効率であるものです。

2013年に創設されたGA technologiesならではの最先端技術で、今後業界1位もあり得るのでは、と思われる勢いのシステムを
この機会に使ってみてはどうでしょうか?


出典:オリジナル 本社ラウンジより

リノシー不動産の核となるGA technologiesとは

こちらも端折って分かりやすくお伝えします。(詳細は資料を請求していただければ幸いです)

・GA technologiesとは、AIを活用した中古不動産の総合プラットフォームを開発する会社
・2013年にたった3人で設立し2018年7月に東証マザーズに上場。
・2018年9月には、川崎フロンターレとのスポンサー契約を締結
・2018年売り上げは200億を突破している。社員は300人越え。

いやーこうしてみるとリーマンショック以降次々と倒産している会社があるというのに、こんなに倍々で伸びている会社があったとは...凄いね。

・目指している到達点は、「不動産業界のアマゾン」
・社長「契約書を作ったり、アフターサービスが必要になったり、集客以降のオペレーションをデジタル化することを目的にはじめた」
・不動産業務は、FAX、電話などアナログのツールが多いためそこを根本から変えようとした
・データベースを構築することで、経験の浅い担当者でも、効率よく仕入れられるようにした

・Renosyは物件カタログという立ち位置のため、現在売りに出されていない物件情報も掲載
(売りに出ていない物件の情報でも、成約事例や賃貸価格の動きを約10年間見られるため)
・Renosyでは、価格推定から、物件検索、販売、管理、投資、クラウドファンディングまでをサポート
・不動産業界は基本アフターフォローが弱いビジネス(アフターフォローに人を使うと利益が出ない)しかし、Renosy Insightでは、所有物件の資産情報がわかるポートフォリオ管理機能はもちろん、収支シミュレーション、キャッシュフロー管理などができるほか、契約書などの必要書類をクラウドで管理できる
・あらゆる場所にテクノロジーを取り入れて業界を変えていく企業

参考:https://japan.cnet.com/article/35122475/

このように、今まで非常に非効率的であった不動産業界にテクノロジーを注入することによって
効率的に、かつアフターフォローもしっかり出来るシステムを整えているのがGA technologiesであります。

不動産にて、探すのに時間がすごいかかる営業の人とかいるよね...。自分で探したら別のこんな物件あったわ!とか経験ある

そうそう、それで「実は隠していたのでは?」という話がよくあるけど、結論的にリサーチの限界で、プロでも気づかなかっただけ、というところ。だから出来るだけ多くのデータベース上で効率よく検索できる仕組みがあるかどうかなんだよね


出典:オリジナル 本社ラウンジより

リノシー不動産に向く人とは?

以上のことからリノシー不動産に向く人は以下の人と言えます。

・業界最低基準の仲介料・手数料をのぞむ人
・業界で最速で情報が提供されて、それで判断したい人
・年収500万以上で融資が問題なく通るような会社にお勤めの方
・都内の中古1Rへの投資に納得できる人
・安定的な小規模不動産をとりあえず試してみたい人

というところでしょう。

向かない人は以下
・もっと大規模なものに投資したい方
・年収500万円未満で融資が通るか分からない人
・都内中古1R狙いの理由に納得できない人
・AIが信用できない人

というところでしょう。

リノシーのまとめ

いかがでしょうか?
Renosy(リノシー)がどういった会社でどういったビジネスモデルでテクノロジーを使ってやっているかが
理解できたのではないでしょうか?

私も非常にこの会社には将来性を感じておりまして、今まで「これだけの大金を動かすのにどうして不動産業界ってこんなにアナログなんだろう?大丈夫かな?」と心配していたのがいっきに融解しそうな画期的なシステム導入だと思っております。

これで不動産投資の成功率も高くなるのではと考えています。

消費税増税前がいいとかってあるの?

もちろん。でも引き渡しが増税前じゃないとだから急がないとだね

>>今、Renosy(リノシー)の資料請求して面談するとAmazonギフト券5000円プレゼント!

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.